Wifi工事不要ですが通信制限の壁

インターネットを楽しむためにWifiを家庭で利用している人は多いはずです。どのような方法でインターネットに接続していますか。

最近は、インターネットをパソコンではなくスマートフォンやタブレット楽しむ人も増えてきています。最も多いのが固定回線をつないでいてそのルーターからWifiを通してこれらの機器で見る方法です。
この方法は、導入しようとすれば住んでいるエリアに光回線がつながっており契約して工事をしてもらい室内に回線を引っ張る必要があります。

高速回線を使うことで動画なども鮮明なクオリティで鑑賞できます。

一方、アパートなどで光回線などの固定回線を引くことができなユーザーには、無線ランのルーターを導入するという方法があります。このケースでは工事不要でルーターを置くだけでインターネットにつながります。


工事不要のメリットは高額になる工事費がいらないということになります。

Wifiの工事不要の情報をお届けします。

Wifiを使って携帯会社のキャリアの電波を使うことになります。



LTE回線ですから安定した携帯回線を利用してインターネットにつなぐことがあります。

工事は不要ですが、この場合キャリアの方で利用出来る高速回線を契約して利用することになります。



取得できるデータの上限が決められておりその上辺を超えると高速回線から外れるので通信障害が起きます。

回線につなぐのに時間がかかり動画鑑賞などが通信速度が遅くて抵抗があるようになります。
工事不要ですが通信は安定せず、携帯会社の契約データ量を意識しながらインターネットを楽しまなければなりません。