無線LAN通信の相互接続の基準を満たすのがWifi

WifiというのはWifiAIIianceという団体が定めた、無線LAN通信の相互接続に関する基準を満たした製品につけられる名称です。
無線LANを使用したデパイス間で相互接続が保証された機器だけに、マークをつけることが許されています。


このことが制定される前は、メーカーの異なる機器や同じメーカー製品であっても何らかの原因で無線LAN接続できないことが多かったため、ユーザーは非常に困っていました。

Wifiの接続について詳しく知りたいならこのサイトです。

しかし相互に接続を保証するという認定基準が広まってからは、ロゴマークがついた機器なら相互接続が保証されているため、ユーザーは安心して機器を購入できるようになったのです。



今ではWifiイコール無線LANができるという解釈から、無線LANの代名詞的に使われています。

LTEやWifiはどちらもインターネットへつなぐ方法ですが、LTEは携帯電話会社の電波でつなぐ高速インターネットで屋内・屋外の広範囲なエリアで利用できます。

なお速度は遅いですが、対応エリアが広い3Gもあります。

一方Wifiは自宅や会社あるいはカフェなど屋内に設置された、無線LANルータにつなげるインターネット通信になります。
この場合は、モデムまで届いている有線のインターネットを無線LANルーターで分配する形式となります。



これは自宅や施設内に引き込んでいるインターネットを、無線LANルーターで分配しているため基本的には、使い放題となっているのが普通です。