オトクなWifi契約とは

無線LANを自宅で使うならば

自宅でインターネットを快適に使用したければ無線LANの存在が欠かせません。

その自宅で使用する無線LANは固定式と移動式の2つに大きく大別することができます。移動式の代表的存在はWIMAXのような端末です。これは端末自体が小型軽量にできていて電池で稼働しています。電池で稼働しているため屋内だけでなく屋外でも使用可能です。それをパソコンやスマホやタブレットに接続して使用します。

けどこれを使用したければ端末自体を買うのではなくて借りて契約するスタイルとなります。従って月額使用料を払い続けなければなりません。この月額使用料のなかに回線使用料も含まれています。端末は無線を受信しますが、無線自体は屋外の街中のどこかに設置されています。だから自宅の屋内で使用する場合は場所次第では電波の受信が弱くて快適使用できないかもしれません。そんなときは端末を窓際に置くとかなど余儀なくされるかもしれません

。一方で固定式の無線LANは端末自体は家電量販店などで販売されています。装置の値段もいろいろですが、1万円から3万円くらいの間が一般的です。この装置はADSLや光回線のモデムにつなぎ、コードをコンセントに指すことで稼働します。装置を設置したらパソコンで無線の接続を行いますが、今頃の装置やパソコンは自動で簡単に接続可能となってるので、かつてのように無線接続で苦労する可能性は大幅に減っています。

また自宅使用なので電波の安定性では移動式の端末に比べて優位です。ただこの固定式の装置は複数の無線規格があることを知っておかねばなりません。無線規格はa、b、g、nなどいろいろですが、大抵は自動切換えされるので意図的に手動に切り替えることはできません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *